氷頭なます


氷頭とは鮭の鼻先の軟骨の部分のことを指し、氷のように透きとおっているためこのように呼ばれています。
見た目透き通った軟骨のコリコリとした触感がこの料理の特徴です。


材料
・塩鮭の頭 1匹分  ・大根 1本  ・いくら 20g(スプーン2杯)
・ゆず 少々
・酢 1/2カップ  ・砂糖 1/2カップ  ・塩 一つまみ

作り方
1. 大根はおろして軽く塩をふり、ざるに入れて水をかけて水気を切る。
2. 塩鮭の頭の氷頭の部分を薄切りにして、酢(分量外)の中につけておく。
3. 調味料を混ぜ合わせ甘酢を作り、大根おろしと氷頭を和える。
4. 食べる直前にイクラと千切りにしたゆずをのせてできあがり。


ページのトップへ戻る